子供のわきがは臭わない?症状がないって本当?

子供のわきがは臭わない?症状がないって本当?

子供のわきがは臭わない?症状がないって本当?

子供のわきがは臭わないって本当?

わきがというのは、脇の下にあるアポクリン汗腺からの分泌液と油分や雑菌が混ざり合うことにより悪臭が発生するという仕組みです。わきがになる人とならない人の差はアポクリン汗腺の数で、生まれつき腺の数が多いというケースがあり、その人たちが悪臭を放つようになってしまうのです。これは遺伝によるものが多いとされており、片方の親がわきがだと50%、両親ともがそうだと80%といわれています。では、幼い子供でも、わきがの症状はでるものなのでしょうか?幼稚園や小学校の子供の場合は、わきがが臭いということはありません。何となく汗臭いという子供はいても、吐き気を催すような悪臭を放つことはないものです。

これは、まず腋毛が生えていないことがひとつの要因です。腋毛が生えていると、どうしても不潔になり雑菌が繁殖します。しかし、小さい子供はまったく生えていないので、清潔に保てるのです。さらに、アポクリン汗腺は、第二次性徴期に発達します。それまでは目立たなかった腺が、中学高校といった年齢に差し掛かると、急速に成長するようになります。脇の下のみならず、乳輪にもアポクリン汗腺はあり、体中から体臭が出るようにもなります。脇の下からは、独特の悪臭を放つ症状がみられるようになるというわけです。つまり、子供の時はちっとも臭くなかったのに、思春期になると臭うようになるということがありますが、単に若者だからと片付けられないこともあるのです。

わきがというのは、周囲に気づかれるほどの悪臭で、日常生活が困難になることもあります。子供がいじめられる原因ともなりやすいので、親は注意してあげることが重要です。症状がひどいようであれば、それなりの対処が必要です。女の子であれば、腋毛を剃るようにし、制汗剤なども購入してあげることです。汗わきパッドなども活用すれば、黄色いしみが洋服にできることを防げるでしょう。男の子の場合は、女の子と違い、腋毛を剃りたがらない子も多いのでちょっとやっかいですが、シャワーをマメにし、短くそろえたり、抜いて数を減らしたりすることで、臭いが抑えられることがあるので試してみるとよいでしょう。さらに、食生活も注意が必要です。

お肉の多い食生活をしていると、体臭が悪化するといわれています。成長期の子供はエネルギーを消耗しやすいので、お肉を欲しがるものですが、野菜や植物性のたんぱく質をうまく取り入れるようにして、できるだけお肉の量を減らしてあげるとよいでしょう。ファーストフードなども避けるのが鉄則です。子供にしてみると不満を感じるかもしれませんが、わきがを悪化させる要素になると教えてあげることです。中学生の年代ではまだ精神的に幼い部分があり、欲望に負けてしまうこともあるでしょう。ひかし、高校生くらいになると、悪臭が恋愛に影響を与えるようになります。さらに、ニキビなどが気になることもあるでしょう。そのために、親がいちいち干渉しなくても、自分なりに努力してわきがを改善しようという風に変化していくのが普通です。

 

重度のわきがは、手術をする必要性も

わきがの苦しみというのは、実際に経験している本人にしかわからないものです。経験のない親にしてみれば「たかだか臭いくらいで…」と呆れてしまうこともあるかもしれません。けれど、思春期の子供にとっては、臭さは死活問題になりかねないくらいの大きな悩みであるものです。学校や友達付き合いにも影響が出て、「お前、臭い」という誰かのひと言によって、登校拒否や引きこもりになってしまったケースも実際にあります。性格がとてもよく、一生懸命に勉強もし、ルックスも全然悪くはないのに、体から発せられる臭いのために、人生を棒に振ってしまうこともあるのです。では、わきがというのは、シャワーや腋毛の処理だけで防げるものなのでしょうか?

症状が軽い場合は、軽減されることもあるでしょう。しかし、重度の場合は、残念ながら、どんなに清潔に保っていても、臭いが発生してしまうものです。制汗剤を使うと、その香りと悪臭が混ざり合い、独特な異臭を発することもあります。人間の五感の中で臭覚というのは、実はとても重要な役割を果たしており、臭いによって好き嫌いが判断されてしまうことが多々あります。嫌がらせをされたわけではないけれど、臭う子供が接近するだけで気分が悪くなるということもあるものです。場合によっては、そのせいで学校や仕事でチャンスを与えられないこともあるでしょう。しかし、手段がないわけではなく、手術によって改善することが可能です。

原因となっているのは、アポクリン汗腺ですので、その腺を除去してしまえば臭いを抑えられることになります。また、汗腺のほうも一緒に減らすことで、汗をかきにくい体質となり、より完璧に臭いを断ち切ることが可能です。手術というと、何だか大変そうな気がするかもしれませんが、これは日帰りでできます。手術方法はいくつかあり、まず脇の下を3cmから5p切開し、目で確認しながら腺を取りのぞくという方法があります。傷口を縫合しますので、閉じられるまでは包帯などによる保護が必要です。しかし、入院ではなく、学校を休まずに普通の生活が営めます。

それ以外には、小さな傷口から、特殊な機械を用いて腺を除去する方法、脂肪吸引のような感じで線を吸い出す方法などがあります。クリニックに行くと具体的な方法を説明してもらえますので、子供と相談しながら決めるとよいでしょう。また、気になる手術費用ですが、どの方法を選ぶかによって異なります。最低15万円程度、最高でも50万円程度というのは相場です。少々高いと感じるかもしれませんが、手術をすることで、子供のコンプレックスを解消させてあげられることになります。

就職や恋愛、結婚などに大きな影響をもたらすこともあるでしょう。すぐに生死にかかわる重大な病気というのとは違いますが、かといって放置しておくと、精神的な病にかかってしまう子供もいるものです。ひと目が気になり外出できなくなり、鬱や引きこもりとなって、何もできなくなるということもあります。ですので、軽く考えず、親として出来る限りの対処をしてあげたいものです。